お客さまの声

会社が大きくなるにつれて税理士さんに求めるものが変わってきた。
「この人だ」って感覚でピン!っときました。

有限会社 鞍知on鞍知[クラッチ オン クラッチ](愛知県名古屋市)
業種 : デザイン
HP : http://www.cluch.jp/
  • 業務概要を教えてください。

    デザイン会社ですかね。デザインだけじゃなくて全体のディレクションとしてもかかわっていく。
    そんな感じです。僕たちのデザインがお客さまに貢献できるかどうか。お客さまの問題を解決できるか。
    デザインを楽しんでもらえるか。そういったところまで考えてやってます。
  • 起業のきっかけを教えてください。

    僕が独立したきっかけは、前の会社を3年で辞めて。その時に「デザインをやめよう」って思ったんです。
    会社が雑誌のデザインをやっていたけど、「僕は広告がやりたいんだ」って。
    辞めて6ヶ月くらい経ったときに、ある企業の広告を「お前つくってみろ」って声がかかったんです。
    ちょうど、デザインがしたくてしようがなくなってたときで。
    その思いをその仕事にぶつけたんですよ。そしたら、僕が思っている以上に反響があったんです。
    そこからお客さんが広がっていきました。それがなかったら今デザイナーをやってないですね。
  • スプラウトとの出会いは何ですか?

    うちの会社は、2人でやりはじめたんですけど、
    「僕たちお金のことわからないから知り合いの税理士さんに頼もうよ」って頼んでた期間が3、4年くらいあって。
    だんだん売上が上がっていくにつれて、税金を安くするために「会社にしましょう」って話が出てきたんです。
    そこから「僕たち会社になるんだ!」って意識するようになって。
    先のことを考えるようになったんです。
    でも、その税理士さんと話をしていても、将来のイメージもわかないし…。
    「こんなんでいいのかなー」って思ってたときに、中野さんを紹介してもらいました。
    会社が大きくなるにつれて税理士さんに求めるものが変わってきたんですよね。
    僕が衝撃的だったのは、「経営する人間は細かい数字は気にしないで欲しい。
    そのために私たちがいるので。その時間と力を違うところに使ってください。」って中野さんに言われて。
    そのときに「この人だ」って感覚でピン!っときました。
  • スプラウトはどんな存在ですか?

    同じ立場に立って一緒にいてくれる。他の税理士さんとは違いますね。
    僕たちの悩んでいることをすべてわかってくれた上で、今後どのようにしていけばいいかヒントをくれる。
    不安なときは背中押してもらったり、悩んだときは悩みを解消してもらったり。
    僕が判断するための情報を提供してくれたり、一緒に考えてくれたり。
    奥村さんに会う前と、会ったあとでは気分が全然違いますよ!
    見守ってくれている。必ずどこかにいてくれる。そんな感じかな。
    もしかしたら、何か迷ったら僕らが戻ってきているのかもしれない。
    それで問題が解決したらまた走っていくみたいな。
  • 今後会社をどうして行きたいですか?

    僕のまわりにいるスタッフが鞍知で働いていてよかったなって思う会社にしたい。
    僕らものづくりなんで、つくったものがお客さんや社内で評価されるように、 バックアップしていきたいですね。
    鞍知で自由にデザインをアウトプットしてもらって。
    「名古屋で一番ですよね」とか「あそこはいいデザイン会社だよね」って言われる環境をつくっていきたいですよね。