税理士とのお付き合いが初めての方

「そこまでやってくれるの!?」と驚かれるほどの
きめ細かなサポートを特徴としています。

お客さまからお預かりした請求書や領収書、通帳の入力から
通常の業務として行い、毎月、試算表などを作成していきます。

さらに、「売掛金がきちんと回収されているか?」や
「買掛金・未払金の支払いもれがないか?」を確認し、
気になることがあれば、その都度お客さまにご連絡します。

・・・と、ここまでは過去の数字処理ですが、
ここからがスプラウトの本当の出番。

業績の推移をもとに、
早い段階から決算予想を立て納税額を予想したり、
今後起こりうる問題などを想定して、
お客さまと話し合いながらこの先のプランを作っていきます。

会計数字は過去のものですが、
その数字を将来の経営に生かすことに意味があります。
スプラウトはつねに先を見ながら、
お客さまの業績の向上に役立つ戦略性のあるご提案を行います。

税務・財務・法務・労務のスペシャリストがひとつになって、
経営者が社長業に専念できる環境を整えていく。
それが税理士法人スプラウトなのです。


税理士の見直し・交代をお考えの方

税理士は経営者のみなさまから
「先生」と呼ばれることの多い職業です。

でも「先生」という二文字が、
お客さまとの間に深い溝を作っているような気がします。

税理士法人スプラウトは、お客さまとの関係を
「会社の発展という同じ目標に向かっていくひとつのチーム」
でありたいと考えています。

お客さまには、その業界のプロという立場で、
私たちは税理士という数字のプロという立場で、
それぞれの考えをぶつけ合いながら、
会社を大きく育てていきたいと願っています。

時には、私たちの意見がお客さまの気分を害することがあるかもしれません。

しかしそれは、「お客さまの会社の業績をよくしたい!」
「お客さまの会社を成長させたい!」という想いからくるものです。

遠慮をしない、一線を引かない。
お互いに対等な立場で、本音をぶつけ合える関係をつくること。
税理士法人スプラウトは、まずそこから始めたいと思っています。