ワンストップサービス

  • 経理事務代行
  • 税務・会計
  • 人事労務
  • 教育研修

税理士法人スプラウト

誰のための自計化?

「自計化」とは領収書や請求書、通帳等の会計ソフトへの入力作業を
顧問先企業が自ら行うことをいいます。
自計化の最大のメリットは「数字がリアルタイムで把握」できるということです。
ただしこれは、毎日きちんと経理処理をしていれば、という前提ですが・・・。
日々の業務に追われ経理処理が後回しになっていませんか?
そうなってしまうと結局、リアルタイムで数字はわかりません。

自計化をすれば確かに「数字をリアルタイムで把握」することができますが、 単に会計入力をしただけの数字はそのままでは経営に役立つデータにはなりません。

その数字を加工して
現状の分析や将来の予想をすることが重要です。
数字の加工・分析・予想は専門的な知識がないとなかなか難しいことなのです。
さらに税務の申告についても
会計処理の段階から税務判断が必要な仕組みになっているため
きちんと考えて会計処理をしないと税額にも影響が出てきます。

自計化には下記のようなデメリットもあります。

(1) 自社で経理処理をしなければならないので作業時間がとられる。場合によっては人を雇う必要がある。
(2) 専門的な知識がないので経理が正しいかどうか不安。
(3) 会計ソフト等の導入にコストがかかる。
デメリットだけになっていませんか?
スプラウトは完全記帳代行制をとっています。
会計入力した数字を経営の意思決定に役立つように加工し、分析・予想を行います。
「数字をリアルタイムで把握」ということは残念ながらできませんが
迅速に処理・報告させていただきますので
せっかくの会計数字が経営判断にいかせない、ということにはなりません。
毎月の顧問料に記帳代行料をあらかじめ含んでおりますので追加で料金をいただく必要はありません。

経営者の仕事は経理をすることではありません。

「餅は餅屋」です。経理のアウトソーシングはぜひスプラウトにお任せください。