スタッフみんなで日々の出来事をつづっています。

「103万の壁」「130万の壁」-その1-

この時期になると「103万の壁」「130万の壁」という言葉を耳にしませんか?
この数字、共働きのご夫婦にとっては悩みの種になることもあります。
今日からは、「103万の壁」「130万の壁」についてご紹介します。

こんなことありませんか?
「旦那の扶養でいたいから年収が上げたくないの」
「年末で忙しいけど、年収上がっちゃうから出勤できないわ」
「年収100万円未満にしておいた方が得だよ」
という噂があるようですが、本当にそうなのでしょうか?

そこまで「扶養でいたい」ということにこだわる意味はあるのでしょうか?

そもそも、「103万の壁」「130万の壁」とは何なんでしょうか。

■ 奥さんの年収が103万以下なら、
  旦那さんが配偶者控除を受けることができる金額
  ※ただし、103万を超えても配偶者特別控除を受けられます。
■ 奥さんの年収が130万以上になると、
  旦那さんが加入している社会保険の扶養を受けられなくなり、
  自分で加入しなければならなくなる金額

103万以下に抑える=世帯収入をUPしたいから!
と理由がそこにはあるはずです。

一生懸命働いてもらったお給料が103万を超えたからといって
所得税で持っていかれ…旦那さんの配偶者控除も受けられない…
それでは損した気分になるかもしれません。

でも、103万を超えても141万円未満までは配偶者特別控除を受けられます。
旦那さんの社会保険の扶養者となる130万未満までは、
そんなにこだわらなくてもいいのではないでしょうか。
 ●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。 

おはようございます。三浦です。

寒くなってきましたね!!
今週はクリスマスですねー。
もしかしたら、ホワイトクリスマスになるかもです☆

ステキな週末が過ごせるように今日もがんばります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>