スタッフみんなで日々の出来事をつづっています。

経営者が知っておくべき税金vol.49_2012.10.31

目 次 
■ 経営者が知っておくべき税金
■ 日経MJの気になる記事
 「弁当箱で焼く・煮る・蒸す・・・琳聡堂の「HOTデシュラン2」」
■ 編集後記

========================
■ 経営者が知っておくべき税金 <税理士 奥村>
 前回は、キャッシュフロー計算書において、
 フリーキャッシュフローが重要であるというお話をしました。

 しばらく会計をテーマにお話ししてきましたが、
 今回からは、税金をテーマにお話していきます。

 世の中には、たくさんの税金があります。

 その中でも経営者が知っておくべき税金は
 法人税・所得税・消費税の3つです。

 法人の場合は、法人税が課されます。
 (社長の給料に対して所得税もかかります)

 個人事業の場合は、所得税が課されます。

 売上が1千万円以上ある場合は、
 法人個人問わず共通で消費税が課されます。

 税金の仕組みは大変難しいので、
 経営者の方は、おおまかな計算の仕方がわかっていれば十分です。

 何をするにしても、
 だいたい税金に関する問題がついてきます。

 税金の多い少ないで、
 経営上の意思決定をするのが一番いいとは思いませんが
 ひとつの判断材料として
 税のことをきちんと考慮したうえで意思決定するのが賢明です。

 次回からは、各税金のポイントについてお話していきます。

========================
■ 日経MJの気になる記事 <税理士 奥村>
 ///////////////////////////////////////////////////
 弁当箱で焼く・煮る・蒸す・・・
 琳聡堂の「HOTデシュラン2」

 調理ができる弁当箱「HOTデシュラン2」。
 本体下部に電熱器を内蔵し、ご飯を炊く以外に、
 焼く、煮る、蒸す、沸かす――の1台5役の調理ができる
 多機能型の弁当箱。タイマー機能を利用すれば、ランチタイムなど
 食べる時間に合わせてご飯が炊け、同時におかずを温めることも
 できるので、外出先でも熱々の食事が楽しめる。価格は9,800円。
 (日経流通新聞 平成24年9月24日より)
 ///////////////////////////////////////////////////

 保温ができるお弁当箱は随分前からありましたが
 ついにその場で調理できる弁当箱が登場しました。

 これがあれば、炊きたてのご飯がオフィスで食べられます。

 ご飯を炊くときに出る蒸気で、おかずを温めることができたり、
 付属のミニフライパンを使って、
 目玉焼きや焼き餃子が作れるようです。

 あと、レトルトカレーを持ってこれば
 ご飯を炊きながら、カレーも温めることができ、
 熱々のカレーが食べられます。

 気になる重さですが、約1キロとそれほど重くはありません。

 お弁当としてだけでなく、一人暮らしの方がご飯を炊くついでに、
 昨日のおかずの残りを温めるのにも使えそうですね。


 ========================
■ 編集後記 <STAFF 三浦>
 こんにちは。三浦です。

 中野も奥村も外出が多く、なかなか社内にいません。
 今日のスプラウトは、久しぶりに「全員集合!」しています。

 今日は、いつもより社内が冷え込んでいます。
 ふとカレンダーを見ると、明日から11月。
 今年も残すところ2ヶ月ですね。

 以前、渡邉がスプラウトブログのスタッフのつぶやきで、
 「今年の目標!」という記事を書いていました。

 「確定申告が終わり、これからは新しい目標に向けてがんばろう!」
 という内容だったんですが、
 気づいたら、今年もまた確定申告の時期がやってきました。
 早いです…。

 あのとき、「お疲れさま&がんばろう!」って乾杯したいなぁ~
 って言ってたんですが、結局できてません。

 今年はぜひ、2年分の想いを込めて乾杯して欲しいなと!
 そのときは私もスプラウトの一員として会計チームに混ぜて欲しいな…と。

 寒さに負けず!健康第一!みんなでがんばります♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>