スタッフみんなで日々の出来事をつづっています。

キャッシュフロー計算書の見方vol.47_2012.10.17

目 次 
■ キャッシュフロー計算書の見方
■ 日経MJの気になる記事
 「かわいく便利メモを楽しく ハイモジモジがアイデア商品」
■ スプラウトからのお知らせ
■ 編集後記

========================
■ キャッシュフロー計算書の見方 <税理士 奥村>
 前回は、キャッシュフロー計算書とは何かをお話しました。
 今日は、キャッシュフロー計算書の見方についてお話します。

 キャッシュフロー計算書では、キャッシュの増減の理由を
 「Ⅰ.営業活動によるキャッシュフロー」
 「Ⅱ.投資活動によるキャッシュフロー」
 「Ⅲ.財務活動によるキャッシュフロー」
 の3区分で表します。

 「Ⅰ.営業活動によるキャッシュフロー」
 仕入、売上、その他の経費の支払いという
 通常の営業活動によるキャッシュの増減がわかります。

 ここがプラスであることが商売の基本です。
 マイナスになっている場合は、事業活動をした結果、
 お金が減ってしまったということになりますので、
 早急に改善する必要があります。

 「Ⅱ.投資活動によるキャッシュフロー」
 固定資産の購入や有価証券の購入など、
 将来の収益獲得のための「投資」にいくら使ったかがわかります。

 投資をするとお金は出ていくので、通常は、マイナスになります。

 プラスになっていたとしたら、
 リストラのために、持っていた固定資産や有価証券を
 売却している可能性があります。

 「Ⅲ.財務活動によるキャッシュフロー」
 財務活動とは、お金を調達する活動です。
 銀行からの借り入れや増資により集めたお金と
 返済した金額の差額がわかります。

 借入や増資をしたときは、プラスになり
 返済だけを行っているときはマイナスになります。

 次回は、キャッシュフロー計算書の見るべきポイント
 についてお話します。

========================
■ 日経MJの気になる記事 <税理士 奥村>
 ///////////////////////////////////////////////////
 かわいく便利メモを楽しく ハイモジモジがアイデア商品

 キーボードの上はまるで牧場のよう。
 羊もいれば、豚や牛、アヒル、鶏にひよこまで。
 逃げないように前にはフェンスがあり、後ろには木々が生えている。
 ハイモジモジの商品「Deng On(デングオン)」は
 キーボードのキーの隙間にはさんで立てかけられるメモ用紙。
 電話があった旨などの伝言を書いて
 会社の同僚に伝えることができる。
 これなら無造作にデスクの上に置いたメモがなくなる心配はないし、
 事務的な伝言を残す方も、読む方も楽しい気分になりそうだ。
 (平成24年10月10日 日経流通新聞)
 ///////////////////////////////////////////////////

 オフィスのいろいろなモノがデジタル化しています。

 でも、アナログのいい部分もたくさんあります。

 外出から戻ったら、伝言メモがパソコンのキーボードに
 羊やニワトリの形で残してあるというのは
 遊びごころがあってとてもいいですよね。

 社名の「ハイモジモジ」は電話に出るときの
 「はいもしもし」と「文字」を組み合わせたようです。

 「ハイモジモジ」では、ご紹介した「Deng On」のほかに
 手首に巻くメモ用紙「LIST-IT」や指輪風の「RING-IT」という
 ユニークなネーミングも含めて面白い商品を出しています。

 女性が多い職場では、特にウケるのではないでしょうか?



========================
■ スプラウトからのお知らせ

 2012年10月31日(水)『経営税務の無料相談会』開催

 税理士法人スプラウトでは、毎月無料相談会を実施しています。
 個別相談会です。どうぞお気軽にご参加ください。

 こんなお悩みありませんか?
 『会社設立にはどんな手続きが必要なんだろう?』
 『会社の資金繰りのために銀行からお金を借りたいけど、どうすればいいの?』
 『今の税理士さんへの報酬料金を安くできないかな…。』
 …など

 ぜひ、この機会にご相談ください!!

 o○o.。o○o.●.。o○o. o○o.。o○o.●.。o○o.
 日時 :2012年10月31日(水) 9:30~16:30
     (お1人様につき最大1時間程度が目安です。)
 場所 :税理士法人スプラウト 会議室
 予約 :ご予約はお電話またはメールからお願いします。
    ※お名前・ご希望の時間帯・ご相談内容をご記入ください。
     ■ ご予約電話番号 0120-356-636
     ■ ご予約メール sprout@sprout-ac.com
     ■ お問い合わせフォーム 

 ご参加お待ちしております。

========================
■ 編集後記 <STAFF 三浦>
 こんにちは。三浦です。
 今日は朝から雨が降っています。

 ネットで天気を見たら
 「西~東日本で非常に激しい雨や突風に注意」とありました。

 激しい雨!?という言葉が気になり、詳細をチェック。
 「西日本と東日本の太平洋側では、17日夜遅くにかけて
 雷を伴って1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るおそれ」

 そして、ふと思ったんです。
 1時間に50ミリ!?どのくらい激しいんだろう…

 調べてみました!!(気象庁サイトより)

 1時間の雨量が50ミリ以上~80ミリ未満の場合、
 ・滝のように降る(ゴーゴーと降り続く)
 ・傘は全く役に立たなくなる
 ・寝ている人の半数くらいが雨に気がつく
 などの降り方をするようです。

 80ミリ以上になると、息苦しくなるような圧迫感があり、
 恐怖を感じるほどみたいです。

 ゲリラ豪雨という表現が使われるようになった頃は、
 異常な雨の降り方に怖くなったことがありました。

 余談ですが…
 先日テレビでお天気キャスターさんがアナウンサーの方に
 「昨日のゲリラ豪雨は…」と言われたときに
 「昨日のは予測していた激しい雨なのでゲリラ豪雨とは言いません。」
 と言っていました。

 私は激しい雨は全部「ゲリラ豪雨」と表現するとばかり思ってました。

 今日はまっすぐ帰宅し、おとなしく過ごそうと思います。

 ぜひ、皆さんも、こんな日は早めにお家に帰って
 ゆっくりプランで過ごしてください☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>