スタッフみんなで日々の出来事をつづっています。

雑損失の繰越控除

雑損控除の対象となる損失が足切限度額を超える場合には
その年の雑損控除は足切限度額までしか受けられませんが
控除しきれなかった金額は、翌年以後3年間にわたって
繰越控除が認められます。
 
1.雑損失の金額とは?
 
  雑損失の金額とは、雑損控除の対象となる損失の金額が足切限度額を
  超える場合におけるその超える部分の金額をいいます。
  つまり「雑損控除額」のことです。
 
2.内容
 
  雑損失の金額のうち、損失発生年の課税標準から控除しきれない部分の
  金額(雑損控除しきれなかった金額)は、その損失発生年の翌年以後
  3年間にわたって繰越して、課税標準の計算上控除します。
 
 (注)雑損失の繰越控除は、青色申告、白色申告に関係なく適用できます。
 
 
3.控除の順序
 
(1)2以上の年に生じた雑損失の金額は、これらのうち最も古いものから
   順次控除します。
 
(2)雑損失の金額は、次の順序で控除します。
 
   総所得金額→短期譲渡→長期譲渡→株式等→山林所得退職所得
 
(3)純損失の繰越控除との関係
 
  同一の年に生じた純損失の金額と雑損失の金額があるときは、
   まず純損失の金額を控除し、次に雑損失の金額を控除します。
  
 
4.申告要件
 
  雑損失の繰越控除の規定は
  雑損失が発生した年の確定申告書を提出期限までに提出し、かつ
  その後連続して確定申告書を提出している場合に限って適用されます。
  損失発生年分は期限内申告が要件ですが、その後は期限後申告でも
  大丈夫です。
 
 
 
税理士 名古屋/名古屋の税理士法人スプラウト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>