スタッフみんなで日々の出来事をつづっています。

平均課税

変動性の強い所得(変動所得)や臨時的に発生する所得(臨時所得)
については税負担の緩和を図るために平均課税の方法による
所得税額の計算が認められています。


1.平均課税の対象となるもの

  平均課税の対象となる所得には変動所得と臨時所得があります。

(1)変動所得とは?

   年々の変動の著しい所得のうち次のものをいいます。

  ①漁獲又はのりの採取から生ずる所得

  ②はまち、まだい、ひらめ、かき、うなぎ、ほたて貝又は真珠
   (真珠貝を含む)の養殖から生ずる所得

  ③原稿又は作曲の報酬に係る所得

  ④著作権の使用料(印税)に係る所得

  (注)変動所得は、事業所得又は雑所得の中に含まれています。

(2)臨時所得とは?

   臨時に発生する所得のうち次のものその他これらに類する所得をいいます。

  ①3年以上の期間一定の者に専属して役務の提供をすることを
   約することにより一時に受ける契約金で、その金額が契約による
   報酬年額の2倍以上であるものに係る所得

  ②3年以上の期間他人に不動産等、工業所有権などを使用させることを
   約することにより一時に受ける権利金等で、その金額がこれらの資産の
   使用料年額の2倍以上であるものに係る所得(譲渡所得に該当するものを除く。)

  ③業務の全部又は一部を休止、転換又は廃止することとなった者等が、
   その業務に係る3年以上の期間の不動産所得事業所得又は雑所得
   補償として受ける補償金に係る所得

  (注)臨時所得は、不動産所得事業所得又は雑所得の中に含まれている。


2.変動所得の金額・臨時所得の金額の計算

(1)変動所得の金額

   変動所得に係る総収入金額-その必要経費-青色申告特別控除(注)

(2)臨時所得の金額

   臨時所得に係る総収入金額-その必要経費-青色申告特別控除(注)

  (注)この場合の青色申告特別控除は次のように計算します。

     青色申告特別控除×B/A(分数式は1が限度です)

     A:青色申告特別控除前の不動産所得又は事業所得
     B:変動所得又は臨時所得


3.平均課税の適用の有無の判定

  平均課税は次の要件を満たした場合に適用があります。

  その年分の変動所得(注)+その年分の臨時所得≧総所得金額×20%

 (注)その年分の変動所得の注意点
   ①その年分の変動所得が赤字の場合
    → 変動所得について平均課税の適用はありません。
      (臨時所得の金額のみで判定します)

   ②その年分の変動所得が前年及び前々年の変動所得の平均額以下の場合
    → 変動所得について平均課税の適用はありません。
      (臨時所得の金額のみで判定します)


4.平均課税対象金額

(1)その年分の変動所得-前年・前々年の変動所得の合計×1/2
   (マイナスの場合はゼロとします)

(2)その年分の臨時所得

(3)(1)+(2)=平均課税対象金額


5.平均課税による税額計算
(1)調整所得金額に対する税額
  ①調整所得金額

   課税総所得金額-平均課税対象金額×4/5=調整所得金額

  (注)課税総所得金額≦平均課税対象金額の場合
     課税総所得金額×1/5=調整所得金額

  ②税額
   調整所得金額×超過累進税率=調整所得金額に対する税額

(2)特別所得金額に対する税額
  ①特別所得金額

   課税総所得金額-調整所得金額=特別所得金額

  ②税額

   特別所得金額×平均税率(注)=特別所得金額に対する税額
    (注)平均税率=調整所得金額に対する税額/調整所得金額
      (小数点2位未満切捨)



税理士 名古屋/名古屋の税理士法人スプラウト

			

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>