スタッフみんなで日々の出来事をつづっています。

山林所得

1.山林所得とは?
 
  山林所得とは、山林の伐採又は譲渡による所得をいいます。
  ただし、山林をその取得の日以後5年以内に伐採し又は譲渡すること
  による所得は事業所得又は雑所得になります。
 
 (注1)山林の伐採又は譲渡による所得
 
     山林を伐採して譲渡したことによる所得又は山林を伐採しないで
     譲渡したことによる所得をいいます。
 
 (注2)山林とともに土地を譲渡した場合
 
     山林を土地とともに譲渡した場合には、その土地の譲渡
     による所得は譲渡所得となります。
 
 
2.山林所得の金額
 
  総収入金額-必要経費-特別控除(50万円)-青色申告特別控除(10万円)
 
 (注1)総収入金額の計上時期
    ① 原則 → 山林の引渡日
    ② 特例 → 譲渡契約の効力発生日
 
 (注2)必要経費
 
     譲渡した山林について、これまでにかかった費用の累積額
 
    ①原則(昭和28年以後取得の山林)
     植林費+取得に要した費用+管理費育成費等+伐採費・譲渡費用
 
    ②昭和27年以前に取得した山林の特例
     イ.昭和28年1月1日における相続税評価額
     ロ.昭和28年以後に支出した山林の育成・譲渡に要した費用
     ハ. イ + ロ = 必要経費
 
    ③概算経費
     その年の15年前の年の年末以前から引き続き所有していた
     山林の必要経費は、次の算式により計算した金額とすることが
     できます。
    (収入金額-伐採費等)×50%+伐採費等
 
    ④必要経費まとめ
 
     必要経費の適用関係をまとめると以下のとおりです。
 
      取得時期      必要経費
      S27以前     ② or ③
      S28~H9     ① or ③
      H10~        ①
 
 (注3)青色申告特別控除
     山林所得の青色申告特別控除は、最高10万円です。
     仮に山林所得以外に事業所得があり、事業所得の方で
     10万円を超える青色申告特別控除を適用している場合には
     山林所得の青色申告特別控除額はゼロとなります。
 
 
3.課税方法
 
  分離課税となり、5分5乗方式により所得税が課税されます。
 
 
4.非課税とされるもの
 
  次の場合は、非課税となります。
 
(1)資力を喪失し債務の弁済が著しく困難な場合における
     強制換価手続による譲渡をした場合
 
(2)国、地方公共団体等に対し山林を贈与又は遺贈した場合
  (事業所得の基因となるものを除きます。)
 
(3)相続税納付のために山林所得の基因となる山林を物納した
   ことによる所得
 
 
5.山林の資産損失
 
(1)内容
   災害、盗難、横領により、山林について生じた損失の金額は
   損失発生年分の必要経費に算入します。
 
(2)損失額の計算
   ① - ② - ③ = 必要経費算入額
 
   ① 損失発生時までに支出した植林費、管理費、育成費等
   ② 損失発生直後の時価
   ③ 廃材価額+保険金等の額
 
(3)保険差益等の取扱い
   山林について資産損失額を超える保険金、損害賠償金等を
   受けた場合には、総収入金額に算入します。
 
 
6.山林を譲渡した場合の所得と資産損失の関係
 
(1)保有期間5年以内
  ①事業的規模
   ・譲渡の場合の所得:事業所得
   ・資産損失の帰属:事業所得
 
  ②事業的規模以外
   ・譲渡の場合の所得:雑所得
   ・資産損失の帰属:山林所得
 
(2)保有期間5年超
   ・譲渡の場合の所得:山林所得
   ・資産損失の帰属:山林所得
 
 
7.その他の留意事項
 
(1)果樹園の譲渡による所得は山林所得になる?
 
   山林所得の対象となる山林とは「用材林、薪炭林として集団的に
   生育している樹木」と解されています。
   果樹については山林にはあたらないため、果樹の譲渡による
   所得は山林所得ではなく、譲渡所得となります。
 
(2)自己所有の山林を伐採して自宅を建築した場合
 
   自己所有の山林を伐採して自宅を建築するための資材にあてた
   場合には、自家消費があったものと考えますので、消費時点の
   時価を山林所得の総収入金額に算入します。(保有期間5年超の場合)
   保有期間5年以下の場合は、事業所得又は雑所得の総収入金額に
   算入します。
 
 
税理士 名古屋/名古屋の税理士法人スプラウト
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>