スタッフみんなで日々の出来事をつづっています。

【時間の使い方】効率的に読書するため、朝にビジネス書を読む。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   効率的に読書するため、朝にビジネス書を読む。       
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

一番集中力があって、頭がクリアなのは朝です。
もっとも気力と体力が充実しています。

朝の時間は自己投資のために使います。

24時間いつでも何をやってもいいのですが、
自分にとって最適な時間帯に最適な方法を選ぶことの
メリットはとても大きいと思います。

朝一番の、まだ日が昇る前。
この時間に、読書をします。
それも、ビジネス書・学術書・専門書を読みます。
朝だからこそ、実用本を読むのです。

じっくりと隅から隅まで読む必要はないと思っています。
ビジネス書の類は「使うため」の本です。
自分が使える、と思ったところが眼に留まればそれでOK。
すべてを理解する必要はありません。

大切なのは、アンテナをピンと立てて、
必要な情報をキャッチすることです。
そのためには、朝の誰にも邪魔されない早朝が最適なのです。

そして、じっくりと読みたい小説などは、
ランチタイムや夜の時間の楽しみに取っておきます。

「使うため」の本は効率性のみを追求し、
余分な情報は捨ててしまいます。


【時間の使い方】朝起きのコツは朝一番に「眼」を洗う。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      朝起きのコツは朝一番に「眼」を洗う。       
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

前回、朝早く起きるためには「脳を起こす」とお話しました。
さらに「体より頭が先に目覚める」方法をご紹介します。

朝の頭をスッキリさせるために、朝一番に眼を洗う!

顔を洗うんじゃないです。まず、眼を洗います。

薬剤を使う必要はありません。
手を清潔に洗い、手のひらに水をすくって、水の中で瞬きをします。

顔をあげた瞬間に、はっきりと頭が覚醒したことが分かります。

眼が一番脳に近い、と言うこともあるのでしょうが、
粘膜を刺激することで細胞が一気に活性化します。


眼を洗うことで、眼を使う一日がスタートします。
たくさんの情報を目から取り込む準備運動です。

【時間の使い方】朝起きのコツは「脳」を起こす。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       朝起きのコツは「脳」を起こす。       
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

朝早く起きることは難しくありません。

当たり前のことですが、体が先に起きていて、
頭だけが眠っていることはできません。

ということは、「目覚める」と言うのは、「頭が目覚める」ということ。
頭が目覚めると脳から命令が出て、体が動きます。
目が覚めてからもう一度寝るかどうかは自分の意志です。

「あと1時間寝たら自分の時間が1時間なくなる」
そう考えるようにしてみてください。

自分の時間の大切さを感じることは個人差があるかもしません。

でも、朝寝ている1時間と起きている1時間とでは、
人生の長さが違ってきます。

1年なんてあっという間と思っていませんか?
「時間があっと言う間に過ぎてしまった」のは、
自分の横を時間の川が流れているから。
自分が時間の川を泳いでいれば、
自分が泳いだ分と時間の流れとは大きな差はないと思います。

時間をどう使うかを決めているのは、自分の脳です。
今朝、その時間に起きたのは、脳がそう決めたからです。

脳を起こして「朝起き」をしてみてくださいね。

【時間の使い方】朝の1時間は夜の3時間に値します。

皆さん『ライフハック』という言葉を知っていますか?
『ライフハック』とは、「仕事術」のことです。
もっと効率良く!もっと快適に!高い生産性!人生のクオリティを高める!…ect
そのための工夫です。

資金繰り、従業員のこと、事業の方針など、経営者のお仕事はとてもたくさんあります。
毎日とても忙しい日々を過ごされている経営者の方が多いのではないでしょうか。
きっとお休みでもお休み気分でいられない方も…。

弊社、スプラウト代表の中野もとにかく忙しい人です。
嵐のように出社して、嵐のように外出。
そして、やっと帰ってきたと思っても気づいたらいない!

人より2倍も3倍も時間の流れが速く、1日24時間以上あるのでは?!
と錯覚してしまうような日々です。

そこで、ぜひ皆さんのお役に立てればと、中野が実践している
「時間の使い方」についてご紹介していきたいと思います。

忙しい経営者のための「時間の使い方」スタートです!!

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      朝の1時間は夜の3時間に値します。    
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

  朝は早ければ早いほど、一日が長く使えます。
  早ければ早いほど有効活用時間は増えます。

  夜の方が長時間使えると思っていませんか?
  実は、朝の時間がどの時間よりも黄金の価値があるんです。

  体のリズムは正確です。
  外は暗くても、朝日を浴びることを体は知っています。
  エネルギー充填がスピードアップし、血液の流れもよくなります。
  血液の流れがよくなると集中力も増し、
  効率的に動くことができ、生産性もあがります。

  夜型から朝型への切り替えは、最初は苦しいかもしれません。
  でも、朝の1時間は夜の3時間に値します。
  朝は、午後3時以降の3倍のスピードで頭も体も動きます。

  1日の始まりを少し早めてみることをおすすめします!