スタッフみんなで日々の出来事をつづっています。

医療費控除-その2-

前回につづき『医療費控除』についてご紹介します。

では、さっそくですが問題です。
ぜひ皆さんも一緒に考えてみてください。

Q:妻や子どもに使った医療費も自分の医療費控除の対象になる?
A:はい。生計を共にしているならば控除の対象となります。
  この場合は配偶者控除や扶養工場の対象でない家族もOKです。

Q:所得が150万円なんだけどどうなるの?
A:200万円以下であれば、150万円×5%=75,000円を超えた部分
   については医療費控除を受けることができます。

Q:対象となるものがわからない!!
A:少しだけまとめてみました。 (対象となるもの◎ 対象とならないもの×)
   通院にかかった電車代やバス代
   × マイカー通院のガソリン代や駐車場代

  出産などの緊急時のタクシー代や駐車場代
  × 不急の場合のタクシー料金

   診療・治療・入院
   × エイズ検査・妊娠検査

   海外旅行先で支払った医療時
   × 前年に支出した医療費

   治療のためのマッサージ・鍼灸費用
   × 癒し目的のマッサージ費用

   治療に必要な薬代(一般薬局での購入も可)
    × 健康増進や病気予防のための薬代
    × インフルエンザ予防接種

   異常が発見された場合の人間ドック費用
    × 異常が発見されなかった場合の人間ドック費用 

もっと深く知りたい人は
スプラウトペディア『医療費控除』を見てください☆ 
 ●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。 

おはようございます。三浦です。

週末に成田山に初詣に行ってきました。
恒例のおみくじ!!結果は「末吉」でした。

あまりいい内容が書いていなくて、
今年は停滞の年になるそうです。

ちなみに一緒に行った子は「小吉」でした。
小吉にはたくさんいいことが書いてありましたよー。

少しでもいい年になるようにと
おみくじに願いを込めてくくりつけてきたのですが…。
昭和60年生まれは八方ふさがりの年でもあるので…。

いい年になりますように!!

医療費控除-その1-

今回のテーマは『医療費控除』です。

医療費控除とは、家族全員で1年間(1月1日から12月31日)に
支払った医療費や医療関係の支出の合計が
10万円(所得が200万円以下ならその所得の5%)を超えた場合、
確定申告を行うことで所得税や住民税が軽減されることです。

ただし、医療費の合計から、控除対象外のものを差し引いて計算します。

控除対象外のもの
出産一時金や生命保険や損害保険からの入金給付金
高額医療費で戻ってくる分   など

医療目的や医師の診断があるものは医療費控除の対象となるものが多いです。
とはいっても医療費は少ないに越したことはありませんよね。

皆さんもお体には気をつけてくださいね。

もっと深く知りたい人は
スプラウトペディア『医療費控除』を見てください☆
 ●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。 

おはようございます。三浦です。

新しい年がスタートしましたが、
もうすでに私はやり残していることがあります…。

初詣に行ってないんです。

大晦日は“絶対に笑っては いけない空港”を見ていて
気づいたら新しい年が始まっていました…。

初詣に行こうと思ったのですが、
誘惑に負けてクタクタしてしまいました。

ということで今週末初詣に行ってこようと思います!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。