スタッフみんなで日々の出来事をつづっています。

「103万の壁」「130万の壁」-その2-

前回は「103万の壁」についてお話しました。
今日は「130万の壁」についてご紹介します。

奥さんの年収が130万以上だと、自分で保険料を負担しなければいけません。
国民年金の保険料、国民健康保険料の負担が増えることになります。

また、旦那さんの勤務先からもらえる扶養手当についても考えなくてはいけません。

例えば、奥さんの年収別に見てみましょう。
■100万円の場合世帯収入そのまま!負担はなし!
■104万円の場合⇒世帯収入=収入-所得税-住民税(-扶養手当)
■150万円の場合⇒世帯収入=収入-所得税-住民税-社会保険(-扶養手当)
このように負担していくことになります。

どう感じましたか?社会保険に加入することで負担は増えます。
でも、失業や転職のときの雇用保険の適用や、
将来の年金受給額も増えるメリットもあります。

夫婦が共働きをするということは、
家庭によって個人によってさまざまな事情があると思います。
働くことによって得られるお金だけ重視すればいい話ではないですよね。
一概にこれが一番いいという答えを出すのは難しいですね。

「103万の壁」「130万の壁」まとめです。
結論から言うと、そんなことに気を使っても何の得もありません。
2つとも配偶者分の税金が安くなるかどうかの壁です。
働くのをやめて安くなる税金なんて、本当に微々たるもの。
お仕事を続ける方が確実に入手できる金額は大きいのではないでしょうか。

一番損得が分かれるのは、
実は社会保険に加入するかどうかの年収130万円の壁なんです。
社会保険に加入するということは⇒厚生年金に加入する
天引きされても、将来もらえる年金が増えます。

今、受け取る額が少し減るのと、将来もらえる金額が減るのと、
どっちが本当の得なんでしょうか。
「みんなそうしてるから!」じゃなくて、
“自分たちのライフスタイル”に合ったものを見つけてくださいね。
 ●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。 

おはようございます。三浦です。
クリスマスも終わってしまい、今年も残すところあと数日…。

そして、私は今年最後のブログ更新です。

毎年、年末年始はグータラして過ごします。
きっと今年もそんな感じで過ごすんだろうな…っと。
いつか年末年始に大きな旅行いくぞー!!

来年も変わらずお付き合いくださいますよう、
よろしくお願いいたします。



それでは、よいお年をー!!

「103万の壁」「130万の壁」-その1-

この時期になると「103万の壁」「130万の壁」という言葉を耳にしませんか?
この数字、共働きのご夫婦にとっては悩みの種になることもあります。
今日からは、「103万の壁」「130万の壁」についてご紹介します。

こんなことありませんか?
「旦那の扶養でいたいから年収が上げたくないの」
「年末で忙しいけど、年収上がっちゃうから出勤できないわ」
「年収100万円未満にしておいた方が得だよ」
という噂があるようですが、本当にそうなのでしょうか?

そこまで「扶養でいたい」ということにこだわる意味はあるのでしょうか?

そもそも、「103万の壁」「130万の壁」とは何なんでしょうか。

■ 奥さんの年収が103万以下なら、
  旦那さんが配偶者控除を受けることができる金額
  ※ただし、103万を超えても配偶者特別控除を受けられます。
■ 奥さんの年収が130万以上になると、
  旦那さんが加入している社会保険の扶養を受けられなくなり、
  自分で加入しなければならなくなる金額

103万以下に抑える=世帯収入をUPしたいから!
と理由がそこにはあるはずです。

一生懸命働いてもらったお給料が103万を超えたからといって
所得税で持っていかれ…旦那さんの配偶者控除も受けられない…
それでは損した気分になるかもしれません。

でも、103万を超えても141万円未満までは配偶者特別控除を受けられます。
旦那さんの社会保険の扶養者となる130万未満までは、
そんなにこだわらなくてもいいのではないでしょうか。
 ●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。 

おはようございます。三浦です。

寒くなってきましたね!!
今週はクリスマスですねー。
もしかしたら、ホワイトクリスマスになるかもです☆

ステキな週末が過ごせるように今日もがんばります!!